★音楽の事なら・・・音楽なんでも情報ブログ
★お笑いの事なら・・・お笑い大好きブログ

ぴかぴか(新しい)2013年春スタート!新ドラマ紹介ぴかぴか(新しい)

TVフジテレビ系
●ガリレオ
●鴨、京都へ行く。〜老舗旅館の女将日記〜
●幽(かす)かな彼女
●家族ゲーム
●ラスト・シンデレラ
●間違われちゃった男
TVTBS系
●確証〜警視庁捜査3課
●放課後グルーヴ
●ムッシュ!
●潜入探偵トカゲ
●タンクトップファイター
●TAKEFIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜
●空飛ぶ広報室
TV日本テレビ系
●雲の階段
●でたらめヒーロー
●35歳の高校生
●BADBOYSJ
TVテレビ朝日系
●遺留捜査
●刑事110キロ
●ダブルス〜二人の刑事
●お天気お姉さん
TVNHK総合
●八重の桜(前クールより継続)
●第二楽章
●猿飛三世
●ご縁ハンター
TVテレビ東京系
●めしばな刑事タチバナ
●みんな!エスパーだよ!
●ヴァンパイア・ヘヴン

2008年12月05日

ホカベン

【出演】
 上戸彩 北村一輝 加藤成亮(NEWS) りょう 
 戸田菜穂 かとうかずこ 篠井英介 大杉蓮

【内容】
弱者救済を夢見る新米弁護士・堂本灯(上戸彩)は法曹界最大手のエムザ法律事務所に就職が決まるがそこでDVや少年犯罪、借金男、強姦、医療ミスなど様々な事件を通した挫折と成長を描くヒューマンドラマ。

原作は青年漫画雑誌『イブニング』に2003年から2006年まで連載されていて、実際に弁護士を務めかつ小説家である中嶋博行がストーリーを考え、カワラニサイが作画しました

【コメント】
上戸彩さん主演という事で同じ弁護士ドラマでもユースケサンタマリアさんの「花村大介」のような明るいコメディーなのかなと思って観てみるとかなりリアルな重いドラマです。

正直、このドラマを観ると弁護士が悪人に見えてしまいます。いくら事務所の利益の為とはいえ、加害者の弁護をするのは辛い仕事だと思います。私には到底出来ません。

最終回での所長の「弁護士は正義の味方よりむしろ悪人、この世から争い事がある限り弁護士がいなければ法治国家は成り立たない」という台詞
主人公・灯の「法律はずるい人が使えば人を騙す道具になり、悪い人が使えば人を殺す武器になる。でも私は人の暖かな思いを守れるそんな弁護士になりたい」というナレーションが非常に印象的で身にしみました。

灯のようなお金の為でなく、組織から煙たく思われようと本気で弱者救済を志す弁護士がいて欲しいです。
やはり自分の志を貫くなら独立なんでしょうかね。正義を貫きたいなら検事になるべきなのでしょうかね。・・・そんな風に思いました。

理想とは違う弁護士の現実を教え込む上戸彩さんの上司役、北村一輝さんがいい味を出しています。一見冷たく見えるがいざという時には主人公を巧みにサポートしてくれます。

  


★ホカベン関連書籍はこちら!
ラベル:上戸彩
posted by HIRO at 02:32| Comment(1) | TrackBack(1) | ★正義は勝つ?裁判系ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
裁判費用は いくらかかるのかなぁ
Posted by 70歳&中年男&村石太P at 2011年02月19日 17:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ユースケサンタマリア cm関連 最新トピック
Excerpt: ホカベン上戸彩さん主演という事で同じ弁護士ドラマでもユースケサンタマリアさんの「...
Weblog: ユースケ・サンタマリア 画像・動画 最新情報ブログ
Tracked: 2008-12-06 17:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。